モンスターカレンダー

« 2011年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年7月アーカイブ

来週の月曜日は、8月です。いよいよ七夕まつりまで1週間となりました。商工会議所の事務局も竹の配付や花火会場の準備・交通関係の看板の設置などで七夕一色になります。今年の七夕まつりは、例年と比べ開催時間が一部変わります。6日の土曜日は正午から午後9時、7日の日曜日が午前11時から午後9時となっています。ちなみに納涼花火大会は6日の午後7時30分からです。荒天の場合は翌日の同時間へ延期となりますが、好天のもと予定通り開催できるよう願っています。ぜひともたくさんのご来場をお待ちしております。

尾瀬

| コメント(0) | トラックバック(0)

24日(日)初めて尾瀬のハイキングバスツアーに参加して来ました。
狭山市からマイクロバス2台を連ねて、交通渋滞にも遭わず順調に鳩待峠駐車場に着いた。
早速、足首の準備運動してから森林の中へと入山し、山の鼻を目指し川上川に沿って歩き始める。
最初は下りの石畳の階段・木道の階段と傾斜のきつい坂が続き、しばらくすると緩やかになって回りを見渡す余裕が出てきた。
ブナの大木を見ながら野鳥の声に耳を傾け、行き交う人々と挨拶をしながら歩くと森林の澄み切った空気が体内へと運ばれて行く清々しい気持ちになりました。
歩く事、約1時間で山の鼻小屋に着き、目の前に広大な湿原の別世界が広がり、疲れも何処かに飛んで行った。
トイレ休憩した(1回100円の使用料)後、尾瀬ヶ原の湿原へと歩き出した。整備されている木道は歩きやすく、湿原にはまだニッコウキスゲが咲いている場所もあり、アザミを始めコバキボウシ(紫の花)・ヒツジグサ(直径5cmぐらいの可愛い花・スイレン科)・キンコウカ(黄色い花・ユリ科)・ネジバナ(ピンクの花)等々の沢山の植物が楽しめ印象的な湿原でした。
何処までも歩いて行きたかったが帰りの時間を考えて、牛首からヨッピ吊橋までは行かず、途中で引き返す事にして、バスの待っている鳩待峠駐車場へと歩く、最後の石畳と木道の階段が大変なきつい坂となり、3回も休みながら駐車場へとたどり着いた。
帰りは片品温泉で疲れた体を癒して狭山市へと時間通りに家路へ・・・

今回のツアーは尾瀬の入り口のみの散策だったので、次回は泊まりで散策してみたいと思いました。

P10100221.jpgP10100231.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)
 私は、毎回のゴルフの成績をパソコンに記録している。平成4年2月に第1回目のゴルフを経験し、それからは兄弟で年1回のゴルフをイヤイヤ始め、現在では趣味とも言えるほど好きになり、192回を数えている。 最初にプレイしたゴルフ場は群馬県のサンコー72カントリークラブで、吉井コース64打、高崎コース64打の合計128打でした。

  年に多くても2回しか行かないゴルフでは、練習も一生懸命になれず、興味も深まらなかった為、いつまでたっても上達しませんでした。そんな中、兄弟で秩父の東都埼玉カントリーでプレイした後の懇親会の席上、義兄から「ゴルフの世界で練習をしなかった自慢はするな!」と厳しく叱責されたことがありました。義兄は当時からシングルプレイヤーであり、それは上手で、どんなに悪くても80台の前半でラウンドしていました。     

  そんな私に転機が訪れたのは平成13年4月のことでした。日頃の不摂生や運動不足も手伝って体重がどんどん増え、20歳の頃は51キロだったのに67キロ位になっていました。職場の数人がゴルフに興味を示したため、2ヶ月に1回ゴルフ場に行こうということになりました。4月から翌年3月までに7回プレイし、終わりの3回は101、107、100打と、いよいよ100切りが出来そうな腕前になってきました。

  初めて100打の壁を破ったのは平成14年5月のサンコー72で、榛名コース49打、妙義コース49打で合計98打でした。通算19回目で、ここまでくると、ゴルフが非常に楽しいものだと分かり、100前後を行ったり来たり、どんどんハマッテしまいました。

  次に95打の壁があります。破ったのは平成15年3月で94打、川越グリーンクロスで通算28回目でした。不思議なことにこの辺のスコアまでは1回切れると度々その程度の成績が出せるようになります。 しかし、この辺から先が大変になります。90打の壁を破ったのは平成15年11月の川越グリーンクロスで41打、47打の合計88打。37回目のラウンドでした。自分的には順調過ぎるかもしれません。

  平成16年2月には、自己ベストの81打を川越グリーンクロスで記録しました。未だにこの記録を破れないでいます。(85打を切ったのもこの1回だけ)その後は、20回に一度程度80台が出るようになり、5年が過ぎました。コンスタントに90打を切れるようになるには、かなりの努力が必要なようです。 

 平成22年8月からは、3回に一度程度80台が出るようになっています。さすがに80台のゴルフが出来たときは自分でも満足しています。が、油断なのか100打打ってしまうこともたまにあります。

  今は、85打切りを目標に頑張っていますが、85の壁は結構頑丈で中々簡単には破れません。私のゴルフには5打毎の壁が確かに存在していると実感しています。
7月24日(土)正午、58年続いたアナログ放送が終了となり、いよいよデジタル放送の時代に突入いたしました。皆さん地デジの準備は万全ですか?っていうか、準備が済んでいないとテレビを見ることが出来ませんからね。小生は、気が早いようでしたが昨年の内には地上デジタル放送用のテレビを買ってもらい・・・もとい購入しておりましたので、先ごろ日本国民に勇気と感動を与えてくれ今や国民栄誉賞も取り沙汰される、なでしこJAPANも綺麗な画像で楽しんでおりました。

ところで地上放送のデジタル化の目的は、デジタル化をすることによって、現在の放送チャンネルの1/3を空けることが出来ることから、空いたチャンネルをテレビ以外の通信サービスである、携帯電話やスマートフォンなどの新しいサービスに利用することにあるとのこと。従って、この分野でも新たなビジネスが生まれることでしょう。

話は変わりますが、7月31日(日)は埼玉県知事選挙の投票日となっております。埼玉県政を決める大事な一票ですので、期日前投票を含め投票に行きましょう。

台風が去って暑さも一休み・・・

この数日 過ごしやすい日が続きました。

8月6・7日に開催される入間川七夕まつりも猛暑でないこと願っています!

 

さて、先週22日(金)に開催された電子申告事務局会議に出席してきました。

平成22年申告分の電子申告利用状況ですが

狭山は24.0%で、目標の30%には達しませんでした。

利用率を上げるためにはどうしたら良いのか???

誰か教えてください!!

 

平成23年分は35%を目標を挙げました。

来年の確定申告は電子申告でしてみようかな??と思ったかた

是非ともご協力をお願いします。

 

 

7月の連休で

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月16日・17日の休日に学生時代の仲間と毎年恒例の渓流釣り(イワナ釣り)に行ってきた。今回の目的地は、その仲間の知人より教えてもらった新潟県村上市の渓流。

15日の23時過ぎに家を出て、村上市へ到着したのが16日の6時前。すでに本流では、アユ釣りを楽しんでいる人も多く、その人たちを横目に上流の沢目指し車を走らせた。教えられた2つの沢を試すも釣れるイワナは小さく、ほとんどリリース。魚籠へ入れたのは、私が3匹・仲間が2匹。ここまで来てこれでは納得出来きず、14時を回ったところで、毎年行っている山形県の沢へ移動することに。車を走らせること2時間半。目当ての沢へ続く林道に到着。今日は沢の入口付近にテントを張り、明日へ備えようということとなり、沢へ続く林道を走っていると落石ごろごろ。(昨年とかなり感じか違う。)そのうち、がけ崩れで土砂が林道をおおっている場所に差し掛かり、車で一気に抜けようとしたところなんとスタック。左は山斜面、右は谷。何度も前後に脱出を試みるもタイヤは空回り。(すでに17時を過ぎておりなんとか脱出しないと。)仕方なく泥だらけになりながらも車の周りの土砂を手で必死に除き1時間半後に脱出成功。これ以上登ることはできないため、テントが張れる場所を探しながら来た道を戻り、県道沿いのスペースでテントを張ることに。(家を出て一睡もしていなかった為爆睡)翌朝6時に目覚め外へ出ると釣人発見。話を聞くと地元の方で、この県道沿いの渓流でフライフィッシングをするそうで、ここはほとんど地元の人しか釣っていないと教えてくれた。すぐに釣り支度、渓流へ降りてすぐに良さそうな淵を発見。竿をだし仕掛けを流すと「グググググ」。竿を慎重に上げるとなんと尺イワナ。結果良型のイワナをこの渓流で私が10匹・仲間が12匹。今回の渓流釣りでは、大変な目にもあいましたが、それなりにイワナも釣ることができほっと一安心。皆さん渓流へ行くときにはがけ崩れには気をつけましょう。(林道の落石・土砂崩れは私たちが行く前に大雨の降った影響だそうで、地震の影響ではないそうです。)

 

昨日『入間川冬まつり』実行委員会が開催され、今年は12月10日に開催されることが決まりました。今年は昨年以上のイベントにしようと実行委員の方々から積極的な意見が出されました。今年のコンセプトは市民参加型のイベントとして、七夕通り商店街の会場を市民の皆さんが持ち寄ったペットボトルで埋め尽くしたと言った意見も出されました。次回は8月23日に開催されますがより具体的な案が出されると思います。

帰省写真.jpg大型で強い勢力を保ったまま、台風6号がこれから東海・関東地方に影響を及ぼす見込みとのことです。皆様、外出される場合はくれぐれもご注意ください実は、先週末より、故郷の熊本県八代市に帰省しておりました。18日に無事、母の三回忌を終え、19日に帰埼というくだりに超大型の台風6号が南大東島から九州南部に接近との情報が入り、JALの運行状況をチェックしながらハラハラドキドキ。阿蘇熊本空港は、それでなくても天候の影響を受けやすい山間に位置しており、台風で、飛行機が離着陸できない可能性が大なのです。しかし、何とか台風は宮崎・四国寄りに進路を変え、東方に進んだおかげでどうにか熊本からの運行は可能ということになり、ほっと一安心。空港へと向かいました。搭乗手続きを終え、飛行機の座席に着くと今度は右エンジンの逆噴射装置に不具合が発生し、これから修理・整備を行なうというアナウンスが入り・・・。逆噴射って以前機長が故意に行なって大事故が起きたアレでしょ~。地方空港ゆえ代替機があるはずもなく、修理が終わり羽田に向け飛び立つまでに結局90分を要しました。3万フィートの上空を台風を追い越して飛行し、羽田に無事着陸できた時には、心底ほっといたしました。やはり、これも母が守ってくれたおかげではないかと感謝しています。

DSC_0006.JPGあつーい夏がやって来ましたね!


先週の土曜日になりますが
秋のイベント『灯の川2011』(10月9日)
に向けた活動として、河川清掃活動に参加してきました。


清掃場所は新富士見橋下の入間川右岸です。


当日は真夏の日射しが照りつける
ハードコンディションでしたが
約2時間の清掃と草刈りを行いました。


おいおい...誰がこんなもん捨てたんだよ(怒)!!!


自転車のタイヤや割れた
ガラスなどなど...不法投棄も沢山ある!
狭山市の宝である入間川を
もっともっと大切にしてもらいたい!
そんな思いを改めて持ちました。



また来月活動に参加してきまーす。



追伸...灯の川2011の情報はこちらの公式サイトでご案内してます~




でゎ  by  大ちゃん(^o^ゞ

kama.jpgのサムネール画像4月に庭に蒔いたヒマワリが最近すかっり咲き揃いました! 

一面黄色の・・とまではいきませんが、いかにも夏を思わせる黄色い大きな花を見ていると元気が出てきます。


ヒマワリをよく観察していると、花粉や蜜を目当てに虫が集まり、その虫を狙ってカマキリが待ち伏せをしています。ヒマワリを中心にした生物の営みが垣間見えた瞬間であり、その姿に力強さを感じました。

 

連日、猛暑、猛暑とニュースで耳にし、少々ウンザリしますが、ヒマワリや虫達にまけないよう頑張っていきたいと思います!

前回お話しましたとおり、今回はFPの試験に出題される6分野の2つ目「リスク管理」から個人の生命保険(特に死亡保障)の保険料を中心にお話したいと思います。

ご存知のとおり生命保険とは、私たちの身の回りに存在するさまざまなリスク(死亡、怪我、病気など)に備え、リスクがもたらす経済的損失を補填します。その仕組みは大勢の人間が公平に保険料を拠出し、万が一のとき(これを保険事故といいます)に給付を受けるという「相互扶助」を基本とします。

さて、今回は皆さんが支払いをしている「生命保険料」についてですが、この保険料は、「純保険料」と「付加保険料」の2つに分けることができます。「純保険料」とは実際に保険の支払いにに充てられるもので、無作為に人間を集めるとおおよそ死亡率は同程度になることから日本において「純保険料」はほとんど変わらないと言われています。

一方「付加保険料」とは、営業にかかる費用や広告宣伝等の費用をいい、現在その価格は各生命保険会社間に大きな差があるということが判明しています。

数年前にあるインターネットを販売チャンネルとする生命保険会社が絶対にタブーとされてきた「純保険料」を保険の原価として公表すると、それに対する反響は予想をはるかに超え、給付に充てられる以外の「付加保険料」があまりに高額であることから批判が集中しました。「付加保険料」には被保険者に対するサービスにかかる費用も含まれることから、単純に「付加保険料」の比較を行うことは正しくないかもしれませんが、以下簡単に記載したいと思います。

上記の生命保険会社が公表した内容は、30歳男性が死亡保障3,000万円の10年定期保険に加入した場合の年間の「純保険料」は約3万円。「付加保険料」は約1万円の合計約4万円。それに対し、公表当時のある大手の生命保険会社の保険料は年間約8万円と、「付加保険料」だけに限ってみればその差は約5倍。生命保険業界の熾烈な競争の幕開けともいえる原価の公表に恨みの声が上がった理由も分かります。

さて重要なのはここからで、皆さんの保険料の原価はいくらくらいでしょうか?これを機会に保険を見直すのも良いかもしれません。

次回もやはりFPの試験に出題される6分野のうち「金融資産運用」から何かテーマを選びたいと思います。

〇盆の初日

〇優生保護法の日

〇生命尊重の日

〇日本標準時制定記念日

 

〇ナイスな日・・・7(な)、1(い)、3(スリー)

 

♪♪♪皆様にとって今日も良い一日になりますように♪♪♪

 

 

東日本大震災の発生により、自粛ムードが漂っていた中、本年度も入間川七夕まつりを開催することが、5月に決定しました。

これを受けて、例年とおり七夕まつりの準備もスタートしました。当所では、七夕飾り(やらい)の募集、企業・商店等からの協賛金の募集、まつり広場でのイベント運営(当所青年部)、各種イベント事業、会場設営等の協力などを主に行っておりますが、準備は順調に進んでいます。今年も、盛りだくさんのイベントと工夫を凝らした竹飾りの出展で、来場者には楽しんでいただけることと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

そして、毎年、おおくの時間を費やし、会場内に竹飾りを出展いただく商店、企業等の皆様! 快く協賛金にご協力いただいた商店・企業等の皆様! 皆様方のお蔭で、今年も盛大に七夕まつりを実施することができますことに感謝いたします!!!

七夕スケジュール:  8月6日⇒正午から午後9時まで   8月7日⇒午前11時から午後9時まで

 少々先の話になりますが、本年度も第13回会員親睦ゴルフ大会を開催することとなりました。会員企業の皆様、奮ってご参加いただければと思います。

 表彰式終了後、市内企業様からご協賛いただきました、お楽しみ抽選会も開催されます。

 

 開催日    平成23年10月19日(水)

 開催場所   武蔵カントリー倶楽部笹井コース

 参加資格   狭山商工会議所会員事業所の経営者及び従業員等

 参加負担金  3,000円(プレイ費・昼食代等は自己負担)

今年の4月から、地域の観光情報の提供ということで入間市にある放送局 「FMチャッピー」の取材を受けています。これは所沢・入間・飯能・狭山の各観光協会が参加しており狭山は毎月第3金曜日の午前9時30分から5分程度の生放送です。4月は、埼玉B級グルメ、5月はB級グルメの報告、6月は智光山公園の菖蒲をご案内しました。そして今月は何と言っても狭山市を代表するお祭りの「狭山市入間川七夕まつり」を案内します。情報の発信方法はたくさんありますが、中でもラジオは仕事でも運転中でも聞くことができ有効な情報伝達かと思います。今年の七夕まつりは、開催時間が例年と比べ少し変わります。花火の打ち上げも初日の19時半から予定しています。どうかたくさんのご来場をお待ち申し上げます。

子供(小学生)の頃、牛蒡の種まきを手伝わされたときのこと。自転車の前車輪を加工し、

畑をコロコロ転がすと牛蒡の種をまく穴があけられ、その跡に種をまく人が一緒について行

きながら種まきをし、足で土を被せる。そんな感じだったと思います。(自転車の前車輪のタ

イヤ・チュウブを取り外し、小さな四角い木を規則正しく車輪の外側に取り付け、畑を転がす

と一定の間隔に穴があけられる画期的な穴あけ道具であったかと思います。)

 
  父親や母親がやっているのを見ていると、どちらも簡単な作業に見え、手伝えと言われ

「わけないや」と思って先ずは穴あけをやってみた。畑は一応平らにしてあるものの、鍬で

うなってあるため軟らかく、その上を真っ直ぐに車輪を転がしていくのは子供にとっては

非常に困難な作業でありました。大変なので、種をまく係りに変えてもらったところ、

今度は腰を曲げ、何粒かの種を小さな穴の中にまきながら土を被せていく作業であり、

直ぐに腰が痛くなって泣き言をいい、穴あけの係りに変えてもらったような・・・

 

 それ以来、他人(ひと)がやっている仕事を"楽な仕事"みたいなことは思わないように

しています。特に熟練した技術や能力をもっている人の仕事は、はたから見るととても楽に

見えます。
 
 でも、そこに至には大変な努力や苦労があってのことです。何の努力もしないで、

出来るはずも無いのに「自分なら簡単に出来る」なんて思い上がっていると、

本当に痛い目に遭ってしまいます。

 

 今は亡き、農業の熟練者であった父親の教訓だと思っています。

七夕

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は7月7日、天の川の両岸にある牽牛星と織女星が一年に一度会える日。

今年の七夕は今までと違う想いになります。
3月11日の東日本大地震による、被害を受けられた地域の早い復旧・復興がなされ
被災された皆様が「ふるさと」に一日も早く戻られ、笑顔になられますよう心からお祈りいたします。

私の幼少時の田舎では、夏の夜は蚊帳(カヤ)を部屋に張っていた。(いつ頃から張らなくなったか定かではありません)蚊帳の中に蛍を数匹放し、祖母の昔話を聞きながら、蛍の飛び交うのを見ていると大きな夢のある宇宙を感じて寝入っていた。
何もない時間のゆったり過ぎていた頃が愛おしく懐かしく思う。
昨今、インターネットで何でも分かる時代となり、孫を持つ身となった今、我が祖母
とは大違い、時代の流れの速さを感じている。

昨日の続きとなります。。。昨日は現場からホットな話題を提供するはずでしたが、どうも勝手が悪くてすいません。
さて、昨日は普段の事務ワークから少し離れ、狭山青色申告会女性部の県外研修会へ総勢30名で参加してまいりました。コースは、只今展望室の内装工事と周辺商業施設を建設中の東京スカイツリー(平成24年5月22日オープン)と浅草・浜離宮の散策といった感じです。県外研修会・・・"何を研修"とお思いでしょうが、税理士会で研修部長を歴任された税理士の先生が同行されており、バスの中でしっかりと講義を受けさせて頂き、その後上述の研修コースを辿った訳であります。当日の朝の予報でも午後から5割の確率で雨が予想されていましたが、雨に降られることもなく、また事故などもなく無事に帰ってくることができました。

skytree.gif


wave収録

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の午後から新狭山にある㈱ユースさんにケーブルの収録へ行ってきました。

 

 石田会長より事業所 事務所の節電についていろいろと説明を頂き

 特に空気の循環等によって、エアコンの設定温度28度でも

 場所によっては26度と、とても涼しく感じました。

 暑い事務所に、この装置を付けてほしい・・と個人的な要望です!!

 

 また、今日の午後は風が強かったので外での収録は髪の毛が・・・

 

 7月の放送は14日(木)から狭山ケーブルテレビで流れます。

 今月もみなさん 見てください

 

 

 

 

埼玉県西部地区4商工会議所(狭山・飯能・川越・所沢)では、県西部地区中小企業の皆様に広域的な交流の場を提供し、地域企業の経営改善の促進に資することを目的に「夏季経営セミナー」を実施しております。

今年度は、飯能商工会議所が主管となり、「連携と協働による新たな日本の創造を目指して」をテーマとし、8月25日(木)・26日(金)伊香保温泉「福一」にて開催します。

講師は、「たけしのTVタックル」にコメンテーターとして出演中の「屋山太郎氏」。時給800円のパート駅弁販売員からJRでは異例の大抜擢で大宮営業の所長となった「三浦由紀子氏」。

多くの皆様の皆様のご参加お待ちしております。詳しくは会議所HP「新着情報」に掲載させていただいておりますのでご覧下さい。